PCを無線ルーター化(3)(dhcp-server編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

PCを無線ルーター化(1)でお話しましたが、

PCを無線ルーター化には、下記の3点の

導入・設定が必要です。

導入・設定したもの
(1)hostapdの導入
(2)isc-dhcp-serverの導入
(3)ipforwardの設定(ufwから設定)

今回からはisc-dhcp-serverの

導入・設定に取り組んでいこうと思います。

(2)isc-dhcp-serverの導入

まずは、isc-dhcp-serverをインストールする前に、
ネットワークの設定をします。
sudo gedit /etc/network/interfaces
下記の内容を追記します。
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet static
address 192.168.110.1
netmask 255.255.255.0

続いて、isc-dhcp-serverをインストールします。
sudo apt-get install isc-dhcp-server

isc-dhcp-serverの設定ファイルを変更します。
sudo gedit /etc/dhcp/dhcpd.conf
下記の内容をコメント化します。
#option domain-name “example.org”;
#option domain-name-servers ns1.example.org, ns2.example.org;
下記の内容を追記します。
authoritative;
subnet 192.168.110.0 netmask 255.255.255.0 {
range 192.168.110.100 192.168.110.199;
option broadcast-address 192.168.110.255;
default-lease-time 600;
max-lease-time 7200;
option routers 192.168.110.1;
option domain-name “local”;
option domain-name-servers 8.8.8.8, 8.8.4.4;
}

DHCPサーバの起動設定をします。
sudo gedit /etc/default/isc-dhcp-server
下記内容に変更します。
INTERFACES=”wlan0″

DHCPサーバを起動します。
sudo service isc-dhcp-server start
(終了はstop、再起動は、restart)

この状態で、hostapdを起動してみて下さい。

hostapdで無線アクセスポイントが構築され、

isc-dhcp-serverによって、IPアドレスを

わりふる事ができているかと思います。今回の例では、

192.168.110.100~192.168.110.199の

IPアドレスがわりふられると思います。