PCを無線ルーター化(2)(hostapd編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

PCの無線ルータ化 hostapd編の続きです。

前回の内容はコチラから参照できます。

前回、hostapdの動作確認を実施しましたが、

私の場合、残念ながらエラーが発生しました。

その際に実施した対処方法は次の2点になります。

(1)無線機器のソフトブロックの無効化
(2)無線子機の無効化

(1)無線機器のソフトブロックの無効化

まずは、WiFiをOFFの状態にします。
sudo nmcli nm wifi off

次に、無線子機の状態を確認します。
sudo rfkill list
すると、下記のような情報が表示されます。
0: phy0: Wireless LAN
Soft blocked: yes
Hard blocked: no

Soft blocked: yesとなっているので、
このブロックをアンブロックします。
sudo rfkill unblock wifi

また、無線子機の状態を確認してみましょう。
sudo rfkill list
すると、下記のような情報に変更されていればOKです。
0: phy0: Wireless LAN
Soft blocked: no
Hard blocked: no

※Soft blocked: yesは、無線子機が
ディアクティベートされている状態
(再アクティベートできる状態)です。

(2)無線子機の無効化

NetworkManagerで無線子機を管理しないように
設定します。
sudo gedit /etc/NetworkManager/Networkmanager.conf

ファイルが開かれるのの下記の2行を追加して下さい
[Keyfile]
unmanaged-devices=mac:**:**:**:**:**:**
※「*」の部分は、無線子機のMACアドレスを入力して下さい)

PCを再起動させて、hostapdを実行してみます。
sudo hostapd /etc/hostapd/hostapd.conf

下記のようなメッセージが出てきたので、正しく
動作したかと思われます。
Configuration file: /etc/hostapd/hostapd.conf
nl80211:・・・・省略・・・・・
Using interface wlan0 ・・・・省略・・・・・
wlan0: interface state UNINITIALIZED->ENABLED
wlan0: AP-ENABLED

次回は、DHCPサーバーのセットアップです。