ハフマン符号

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハフマン符号は、前回の投稿でも、ご紹介致しましたが、

圧縮のアルゴリズムとして有名です。

実際のアルゴリズムをインターネット上で調査しました。

下記のホームページがわかりやすかったので、

参考にさせて頂きました。

パソコン実践講座 道すがら講堂

ハフマン符号化は、ようするに、出現頻度の高い文字を2進数で

短く表現して、出現頻度の低い文字は2進数で長く表現する事で、

ハフマン符号化をすると、元の符号よりも必ず短くなります。

すごいですね。どうやって思いついたのでしょうか・・・・・。

2014年11月3日 | カテゴリー : etc | 投稿者 : net_sec