WROOM-02(3)-通信体系

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、WROOM-02(ESP8266デバイス)を使う為に、Arduino IDEのセットアップをしました。

今回、WROOM-02を使用して、無線通信を行おうと思うのですが、通信体系について考えておこうと思います。

主要な通信体系は大きくわけて下記の3つ考えれられます。
①WROOM-02を親機と考えたPCとWROOM-02の通信
②PCを親機と考えたPCとWROOM-02の通信
③PCとWROOM-02の間に無線ルーターを挟んだPCとWROOM-02の通信
他にもあると思いますが、主要なものはこの3つかなと思われます。

まずは、①のWROOM-02を親機と考えたPCとWROOM-02の通信を行おうと思います。
①のWROOM-02を親機と考えたPCとWROOM-02の通信をする為のコードは下記のようになります。
※注意:下記のコードをesp8266に書き込むと、ATコマンドは使用できなくなります。


/* Create a WiFi access point and provide a web server on it. */

#include <ESP8266WiFi.h>
#include <WiFiClient.h>
#include <ESP8266WebServer.h>

/* Set these to your desired credentials. */
const char *ssid = "ESPap";
const char *password = "thereisnospoon";

ESP8266WebServer server(80);

/* Just a little test message.  Go to http://192.168.4.1 in a web browser
 * connected to this access point to see it.
 */
void handleRoot() {
	server.send(200, "text/html", "<h1>You are connected</h1>");
}

void setup() {
	delay(1000);
	Serial.begin(115200);
	Serial.println();
	Serial.print("Configuring access point...");
	/* You can remove the password parameter if you want the AP to be open. */
	WiFi.softAP(ssid, password);

	IPAddress myIP = WiFi.softAPIP();
	Serial.print("AP IP address: ");
	Serial.println(myIP);
	server.on("/", handleRoot);
	server.begin();
	Serial.println("HTTP server started");
}

void loop() {
	server.handleClient();
}

スケッチ-マイコンボードに書き込むを実行して、esp8266に上記コードを書き込みます。
この時、FLASHボタンを書き込み開始から完了まで押していて下さい。
押していないと書き込みは失敗します。

書き込みが完了しましたら、TeraTermを実行して、動作を確認します。
ボーレートは115200bpsに設定します。
WROOM-02のRESETボタンを押すと下記のような画面が表示されます。

次に、SSIDがESPapのアクセスポイントに接続します。
パスワードは上記コードより、thereisnospoonです。

接続が完了したら、ブラウザにアドレス欄にhttp://192.168.4.1を入力します。
入力すると下記のような画面が表示されます。

これで動作確認完了です。
①のWROOM-02を親機と考えたPCとWROOM-02の通信ができました。