WROOM-02(2)-Arduino開発環境設定

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、WROOM-02を調査した結果、arduinoデバイスとして使用できる事がわかりました。
それでは、Arduinoデバイスとして使用する為に、Aruduinoの開発環境をインストールします。
下記サイトより、Arduino IDEをダウンロードしてインストールします。
https://www.arduino.cc/en/main/software

インストールが完了したら、Arduino IDEを起動して、ESP8266デバイスを使用する為の開発環境の設定を行います。
※前回も説明しましたが、WROOM-02はESP8266を搭載したモジュールとなります。

まずは、ファイル-環境設定の追加のボードマネージャーのURLに、下記のURLコードを入力して、OKボタンを押します。
http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json

次に、ツール-ボードのボードマネージャーを選択します。
ボードマネージャーを一番下までスクロールすると、esp8266 by esp8266 communityというボードマネージャーがあるので、インストールします。

これで、Arduino IDEで、ESP8266デバイスを使用する為の準備完了です。

ファイルースケッチ例の中を見てみると、esp8266を使用したスケッチ例もインストールされています。
これを参考にして、WiFIを使用した通信を行ってみたいと思います。