WROOM-02(1)-無線モジュールを調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

無線でアナログ情報を取得したいので、マイコンで制御できる無線を調べていると、WROOM-02にたどり着きました。

RS232通信で、無線の設定をするようです。
早速、試してみました。

試したのは下記の2つの製品です。

ESPr Developer(ESP-WROOM-02開発ボード)

新品価格
¥2,160から
(2017/5/7 10:27時点)

[スイッチサイエンス] ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール《T型》

新品価格
¥909から
(2017/5/7 10:29時点)

ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュールは、価格は安いですが、RS232レベル変換モジュールや抵抗などを用意する必要がありますので、少々手間がかかります。

ESP-WROOM-02開発ボードは、RS232レベル変換モジュールや抵抗などが搭載されているので、価格はESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュールと比べて、価格は高いですが、USBケーブルと繋げるだけで使用できます。
まず、試してみたい方には、ESP-WROOM-02開発ボードのほうが便利なので、今回は、ESP-WROOM-02開発ボードを使用指していこうと思います。

それでは、早速、ESP-WROOM-02開発ボードとPCをUSBケーブルで接続します。
すると、ドライバーのインストールが始まりますので、インストールが完了するまで待ちます。

インストールが完了したら、TeraTermを立ち上げて、動作を確認します。
TeraTermを実行したら、設定-シリアルポートよりボーレートを115200bpsに設定します。
次に、設定-端末より送信の改行コードをCR+LFに設定します。
開発ボードのリセットボードを押すと下記のようなメッセージが表示されます。

readyと表示されればOKです。

wroom-02はATコマンドと呼ばれるものが、使用できます。
例えば、ATと送信すると、OKと返信が返ってきます。

このATコマンドを使用する事で、wroom-02の設定ができます。

ここでふと疑問に思うことがありました。
ATコマンドが使用できるということは、マイコンのようなものが搭載されているのでは?
ちょっと調べてみると下記のことがわかりました。
wroom-02はESP8266を搭載したモジュールです。
では、ESP8266なにかと言いますと、マイコンを搭載したWiFiモジュールのようです。
さらに、Arduinoデバイスとしても使用することが可能なようです!
すばらしいですねー。
Arduinoデバイスを使用してみたいと思ってもいたので、Arduinoデバイスとして使用して、WiFiを使用してみようと思います。